食品の放射能汚染の危険性

みなさんは、日本の「放射能汚染の基準」がいかに低いかご存知ですか?

次の図をみてください。



食品の放射能汚染の基準値が、
アメリカの基準値より約3倍も高いことがわかります。

ウクライナと比べたら約12倍も高いです。


これが日本の現状です。
そして、この基準値を上回らない限り、その食品は市場に出てきてしまいます。

放射能の被爆というのは、

  内部被爆:外部被爆=8:2

の割合で内部被爆のほうが被害が大きいです。

そして、東日本に住む人たちは放射能汚染された食品を
毎日食しているのが現状なんです。

すでに、甲状腺に異常が見受けられる子供たちが見つかったというニュースもあります。


子供の安全を考えるなら、なるべく放射能汚染対策された野菜を手に入れることをオススメします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ