西日本の食材宅配サービスにも関わらず放射能検査を行う秋川牧園とは?




山口県から無農薬野菜や黒毛和牛など高品質な食材を宅配するサービスを行っている秋川牧園。

この秋川牧園では、多くの人が心配しているであろう「食品の放射能汚染」に対しての取り組みにも力を入れています。


その放射能対策の力の入れ具合は、秋川牧園内に放射能測定室を設置するということからもわかります。



そもそも、秋川牧園は「山口県」にあり、秋川牧園に関連している農場や牧場も全て中国地方や九州地方など放射能汚染から逃れているといえる地域にあります。

このため、本来なら放射能検査を行う必要がないぐらいで、だからこそ食品の放射能汚染が気になる方にとっては秋川牧園の食材は重宝されているわけです。



それにも関わらず、
・万が一にも放射能汚染の食品を見逃さないために
・エサの段階から放射能汚染されていないか

など限りなく放射能汚染のリスクを無くそうとしているのが驚きです。

東日本などで放射能検査を行っている食材宅配サービスの会社はたくさんありますが、西日本で放射能検査を自社で行っている会社は少ないです。


秋川牧園はどういった放射能検査を行っているのか?

では、秋川牧園は実際にどういった放射能検査を行っているのかということが疑問にあがると思いますので解説していきたいと思います。


まず、秋川牧園では自社に専門の放射能検査室を作成したと言いましたが、そこでは専属の検査員がいて、毎日放射能の検査を行っています。


畜産物に関しては、飼料から放射能汚染するリスクが考えられるために飼料は定期的に徹底的に自社検査をしています。

さらに、自社だけでなく月に一度外部の検査機関に依頼するという徹底ぶりでより詳細な結果の確認も行っています。


農場の生産物に関しては、
・収穫単位
・製造単位
・週単位
・月単位
と細かくそれぞれに応じた精密な検査を行っています。


秋川牧園の放射能検査で使用している機器は下記の通りです。

・ベルトールド社 ガンマ線スペクトロメーターLB2045(シンチレーション式)
・ゲルマニウム式計測器(外部検査機関)

これらの機器を用いてセシウム134およびセシウム137の2核種の検査を行っています。

そして、随時放射能検査の結果をホームページで公開しています。

また、飼料の生産地の確認も行っているといいましたが、これもホームページで公開されています。


詳しくは公式ホームページにて確認してみてください。

秋川牧園についてもっと詳しく知りたい方は公式サイトへ!

秋川牧園



秋川牧園のまとめ記事はこちら

「秋川牧園」最新版!特徴・口コミ・評価・評判などのまとめ


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ