秋川牧園の無農薬野菜(有機野菜)の美味しさの秘密に迫る!


「口に入るものは間違ってはいけない」

をスローガンとして掲げている食材宅配サービスの秋川牧園。


お肉や牛乳・卵などでもそのスローガンは該当しますが、中でも特に力が入っているのが無農薬野菜(有機野菜)です。


今回はそんな「秋川牧園の無農薬野菜」に焦点を当てて記事を作成しました。

秋川牧園の無農薬野菜


ポイント1:栄養充実、美味しさ別格!
ポイント2:多種多様の野菜を取り揃えています
ポイント3:栄養と美味しさに直結する旬のこだわり



秋川牧園の野菜は、化学合成農薬や化学肥料を使用しないで、有機質の堆肥で育んだ健康な土によって育てられてる「無農薬野菜」です。

その味は子供が喜ぶのはもちろん、大人も昔の野菜の濃厚さを思い出す味です。


なぜ、化学合成農薬や化学肥料を使わないのか?


農薬に関しては、各所でその危険性が言われているのであえて語る必要もないかもしれません。

殺虫剤を野菜にかけている、そう考えるだけでも安全性上であまり良いとは言えないとすぐイメージできると思います。


化学肥料に関しては、イメージしづらいかもしれません。

化学肥料を使うことで、簡単に野菜が栽培できるというメリットがあるから多くの人が使用するのですが、その裏で4つのデメリットがあるのです。

デメリット1:土が死ぬ
デメリット2:硝酸態窒素とニトロソアミン
デメリット3:害虫好みの野菜づくり?
デメリット4:美味しくない


まず、化学肥料を使うことで土が死にます。

具体的にどういうことかというと、微生物が減る、ということです。

土の中の微生物は、土中のミネラルなどの栄養素を消化して植物に渡してくれるという植物にとって非常にありがたい存在です。

その微生物が減ることにより、栄養が損なわれるばかりか土の弾力性も失われ固い活力の失われた土地へと変わっていってしまいます。


化学肥料は、「窒素を補給する目的」のものが多いですが、余った窒素は硝酸態窒素という形で残留します。

この硝酸態窒素は肉などのタンパク質と食べ合わせるとニトロソアミンという発がん物質ができてしまうのです。


また、硝酸態窒素が多いほど、虫が好む野菜になるという事実があります。

化学肥料を使うことで育成が楽になる分、虫が多くなってくるので農薬をつかってしまう、という矛盾した行為が近代化農業にはあるのです。


そして、安全性なども大きな問題ですが、なによりの問題が単純に「美味しくない」ということです。

化学肥料で窒素を補給させるのですが、この窒素が多い野菜は苦くなります。

市販の野菜でも、苦いものがあるのはこのせいなのです。

品種改良などによって野菜の甘みなどは増していますが、それでも窒素による苦みがあるのです。


一方、無農薬野菜(有機野菜)は、自然な甘みがあるのが特徴です。

人が安全な食べ物を「美味しい」と感じるDNAがあるからともいえるでしょう。


長くなりましたが、このような理由により秋川牧園の野菜は化学合成農薬や化学肥料は使用しないのです。

代わりに、有機たい肥(牛糞や鶏糞)などの土づくりに力を入れています。

しっかりと熟成させる必要があるので、長い年月をかける必要がありますが、それをおこなってきたのが秋川牧園の農場なのです。


ポイント2の多種多様の野菜に関してですが、山口県の秋川牧園の自社農場と5軒の農家によって年間約50種類以上の野菜が栽培されているのも特徴の一つです。


そして、旬にもこだわりがあります。

例えばトマト。

トマトの旬は「夏」です。

しかし、トマトはスーパーで一年中購入できますよね?

これは加湿ハウスでトマトを育てることによって冬でも栽培できるからです。


ですが、野菜の栄養や美味しさが一番詰まっているのはやはり旬の時期なのです。


旬の時期に合わせた野菜作りに力を入れているのが秋川牧園です。


秋川牧園の無農薬野菜の美味しさの秘訣のまとめ

■農薬・化学肥料を使用しない
■自然の条件下で栽培した有機野菜
(加湿ハウスを使用して旬ではない野菜を作ったりはしない)
■定期的な放射能検査や残留農薬検査を行い安全性も徹底


無農薬野菜の産地情報



秋川牧園についてもっと詳しく知りたい方は公式サイトへ!

秋川牧園



秋川牧園のまとめ記事はこちら

「秋川牧園」最新版!特徴・口コミ・評価・評判などのまとめ


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ