パルシステムの放射能検査について

ここではパルシステムの放射能検査の実態について
お話していきます。

パルシステムの放射能検査の方法は?


パルシステムでは、放射能検査を4箇所の外部機関に外注依頼しています。

※まず、外注依頼というのはポイントが高いですね。
 放射能検査の結果をごまかすという不正が起きにくいです。


放射能検査の測定方法は、
「ゲルマニウム半導体検出器」と呼ばれる機械によって行われます。

これは、5~10ベクレル/kgという非常に精密な測定が出来ます。


日本の放射能の暫定基準値は500bq/kgです。
また、アメリカの基準値は170bq/kgです。
5~10bq/kgを感知できれば、十分精密といえるでしょう。


このように、パルシステムは精密な放射能検査を行っています。

しかし、残念ながら、全商品を検査しているわけではないみたいです。
「サンプリング」と呼ばれる、一部の商品を取り出して検査しています。

つまり、そのサンプリング検査された商品では放射能汚染が検出されなかったとしても、
検査されなかった商品に放射能汚染された商品がある可能性は否めません。


赤ちゃんが食べる食品を優先して検査している


サンプリング検査という不十分な検査ではありますが、
パルシステムは特に「赤ちゃんが食べる食品」に関しては
細心の注意を払っているようです。

赤ちゃんが日常的に食べる食品については、
優先して検査を行っているそうです。

これは、お子様をもつママさんたちには嬉しいことですね♪


総評

パルシステムの放射能検査の総評ですが、

『スーパーで食品を買うよりは安心できる。
 だが、さらなる安全を求めるなら、全商品を検査している
 「らでぃっしゅぼーや」や「オイシックス」を利用すべき』

という結論が出せます。


以上がパルシステムの放射能検査の実態となります。
いかがでしたでしょうか?

予算の関係もあると思いますが、さらなる安全を求めるなら、
らでぃっしゅぼーやなどを利用するべきだと思います。

とはいえ、パルシステムも十分な検査は行っています。

パルシステムについてさらなる詳細を知りたい方は、
コチラを参照ください。

パルシステムの詳細

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ